FC2ブログ

コーチENDOFINの日記

ビジネスコーチENDOFINがコーチングにまつわるエピソードや日々感じたことを記したブログです。私のホームページは http://bc-endo.com/ です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

上手な聞き手

2. 聞き方の上手な栄養士さん

先日、健康診断で血液検査を行い、その結果を聞きに病院に行きましたた。
以前から、コレステロールが高めだったので、またその指摘を受けるだろうなー、と思いながらドクターの話を聞きました。

ドクター「コレステロールが高いですねー。特に問題はLDL(悪玉コレステロール)が高いことですね。あと、中性脂肪も高いなー。それとやや、尿酸値も高めですね。薬を出してもかまわないですが、一度薬を飲むと、ずーっと飲み続けなければならなくなるので、半年間、時間をあげましょう。その間に、運動をして、食事も改善し、体重を減らしてみてください。今から栄養士を紹介しますので、食事に関するアドバイスを受けて参考にしてください。そして、半年後にまた検査しますので来院してください。」
私「わかりました」

しばらく、待っていると、若い女性が「遠藤さんですか。私、栄養士の○○です。どうぞこちらへ」とニコニコしながら私をカウンセリング・ルームに案内してくれました。

カウンセリング・ルームに入ると、そこには小さな四角のテーブルがあり、「どうぞ、おかけください」といわれて、私は栄養士さんと斜めの位置に座りました。栄養士さんは、予め私が記入した質問用紙(現在の身長、体重、運動習慣、昨日の食事など)に目をやり、ペンを持ちながら、笑顔で「質問に丁寧にお答えいただき、ありがとうございます。では、これからいろいろお聞きしていきますね。その上で、食事に関するアドバイスをさせていただきます」とはじめました。

私が「タバコを今年1月にやめたんですが、それから5キロ太ってしまいました。」と話したところ、「タバコ、やめたんですね。えらいですねー。」とまず承認(コーチングで、褒めることを「承認する」という)の言葉。私は、いい気分になって「でも、タバコをやめたのはここ数年で過去に2回あるんです。いずれも半年間、やめると必ず、太るので半年たつと、太って成人病で死ぬリスクと、タバコをすって(この場合は太らない)肺がんで死ぬリスクを比べると、成人病のほうが高いと思ってまた吸い始めてしまいました」など、聞かれてもいないのに、べらべらと話してしまいました。

その後も、コレステロールを下げ、減量に関する食事の注意点の説明をしていただきましたが、そのときも、「遠藤さんは、どんなものがお好きですか?」「外食が多いようですが、油ものが好きなんですか?」といった質問をするたびに、私の答え1つ1つにうなづき、反応してくれました。私にとっては、何か「もっとどんどん話したくなる」気にさせるような聞き方なのです。

この栄養士さんは、インタビューするときは自分の頭の中を空っぽにし、患者(相手)の話す内容に100%集中して聞くことをしているからこそ、私がどんどん話したくなり、何よりも、「この栄養士さんは、親身になって私の話を聞いてくれている」と思ったのです。

人の話を聞くときに「笑顔」「承認の言葉」「目、表情など真剣に聞いているという態度」の必要性を実感したときでした。

最後に、栄養士さんに「コーチングって聞いたこと、ありますか?」とお聞きしたところ「はい、自分で勉強しています」との答えでした。道理で!

栄養士さんと2ヶ月以内に2キロ減を約束しして帰路に着きました。


スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<金融危機と楽観主義 | HOME | 「フィードバック」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。