FC2ブログ

コーチENDOFINの日記

ビジネスコーチENDOFINがコーチングにまつわるエピソードや日々感じたことを記したブログです。私のホームページは http://bc-endo.com/ です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トンチンカンな質問

トンチンカンな質問って何だろう? その場の話に関係のない質問?的外れの質問?「この人、何考えてんだろう?」と思われる質問? どれも当たっていそうだ。
でも、これは、あるときには、「視点を変える」という意味で大変効果があるのである。

例えば、AさんとBさんの会話。
A 「このごろ、残業が多くて、仕事が面白くないんだ。ストレスもたまってるのかなー、体も重い感じがするし・・・・」
B 「それは、大変だね。健康には十分注意したほうがいいよ。 ところで、今朝は何食べた?」

Bさんの会話の前半は、相手の話に対応した内容であるが、後半の「ところで、今朝は何食べた?」は、全く関係のない質問のように見える。とりようによっては「トンチンカンな質問だなー」、「何で、話題に関係ないことを聞くんだ?」あるいは、「そんなこと、どうでもいいじゃん、お前に関係ないよ」と思うかもしれない。

しかし、しかし・・・・である。
この突拍子もない質問が功を奏することも数多くあると思う。

Aさんは、質問にまじめに答えた。「えっ?朝食?食べてないよ。残業で昨日も遅かったから、かえって、バタン、キュウー。起きても食欲がないから食べなかった」

するとBさん 「朝食を抜くと、余計に体調が悪くなるよ。少しでも食べたほうがいいよ。朝食を食べることでストレスも減ると思うよ」

Bさん後半の質問はチンプンカンなものではなかったのです。Aさんの視点を変えて問題解決のための行動を起こせないかな?という意図に基づくものだったのです。

Aさん 「そうか!ストレスを少しでも減らす方法のひとつかもね。明日からやってみるよ」

あなたも、相手の視点を変えてあげようと思うときは、突拍子もない質問をしてあげると道が開けるかも・・・・・
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<話し方 その1-上手な話し方の3要素 | HOME | ボールが帰ってこないコミュニケーション>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。